卒業後の進路

    学生の皆さんへ

    学生の皆さんへ

    企業側の景況感や採用意欲といった就職環境は変化します。
    好環境の時もあれば氷河期に直面する時もあります。
    環境の変化によっては、第一、第二希望の企業に就職できるとも限りません。有名大企業や人気企業であれば、いつの時代も狭き門と言えるでしょう。
    学生の皆さんは、自分自身を見つめ直し、どのような企業で、どのように働きたいのかを考えると同時に、企業を取り巻く国内外の社会環境についても、注意深く見ておく必要があります。

    多文化社会学部では、日本や地域を代表する企業を学内に招き、学生の皆さんが自身の将来を考える機会を数多く提供しています。進路相談には専門家がいつでも個別に応じています。こうした支援は、学年に関係なく受けることが出来ます。積極的に活用し有意義な学生生活を過ごしてください。

    ▲ページ上部へ

    キャリア・就職支援室

    キャリア・就職支援室について

    【場所】総合教育研究棟10F
    【開室時間】9:30 ~ 17:30

    【就職支援室の使い方】
    (1)各種資料の閲覧
    (2)インターンシップ情報の閲覧
    (3)個別、グループによる進路相談
    (4)書類の添削、書き方のアドバイス
    (5)面接練習
    (6)その他、進路に関する相談等

    ▲ページ上部へ

    就職実績

    平成29年度卒業者就職実績

    業種 就職先企業一覧
    メーカー 25% 古河電気工業、いすゞ自動車、高砂香料工業、小森コーポレーション、再春館製薬所、丸信、呉竹、ジェイ・エム・エス、ヤンマー建機、淀川製鋼所、サンスター技研
    商社 15% 双日九州、神鋼商事、日通商事、不二貿易、ヤマエ久野
    サービス 11% 星野リゾート、西鉄旅行、セコム、IKK、ANAテレマート、三菱電機住環境システムズ
    物流 9% 三菱倉庫、商船三井ロジステックス、山九、福山通運、池田興業
    金融 9% 福岡銀行、十八銀行、親和銀行、肥後銀行、広島信用金庫
    放送・広告・新聞 7% フジテレビ、神戸新聞、長崎新聞、USEN
    不動産・建設 5% 三菱電機プラントエンジニアリング、長崎空港ビルディング、谷川建設
    IT、ソフトウェア 5% NTTデータビジネスシステムズ、両備システムズ、コムウェア
    航空 4% 日本航空(JAL)、全日空(ANA)
    団体 4% 日本年金機構、沖縄農業協同組合
    エネルギー 2% TOKAIグループ
    その他 4% WCL Solutions (Phil.) Corp

    ▲ページ上部へ

    学生の声

    多彩な学びとフィールドワーク実習の中から、未来へ続く新しい道を発見できました。

    多文化社会学部の魅力は、英語を中心に多彩な学びやフィールドワーク実習の中から、自分が最も興味ある世界を選び、探究できること。中でも忘れられない体験となったのが、タンザニアでの海外フィールドワーク実習です。ホームステイ先のホストマザーは、スワヒリ語を話すため、英語だけではうまくコミュニケーションできません。ところが、料理をお手伝いしていくことで、お互いのことを少しずつ自然に理解し合えました。人と人が心を通い合わせるのは、言葉だけじゃない、料理や食など大切なものがたくさんあると実感しました。いま私が働いているのは「香り」に関わる会社です。香りは人々の生活や心を、元気にしてくれる栄養素。香りを通して、人々の生活をもっと豊かに彩りたい、そんな思いで日々頑張っています。

    多文化社会学部多文化社会学科 社会動態コース
    2017年度卒・高砂香料工業株式会社勤務
    清田 千尋さん

    自信を持って自分を語れる価値ある4年間を過ごしてください。

    就活で大切なのは、自分を知ること。そのために必要なたくさんの学びと体験の機会が本学部には用意されています。課外活動では、僕は未体験のアイスホッケーに挑戦。挫折した時の苦しさ、成功した時の喜びを知る中で、自分自身を見つめ直すことができました。将来の目標を決める良いきっかけとなったのは、タンザニアでの海外フィールドワーク実習です。伝統絵画ティンガティンガを研究しようと、現地画家のもとに弟子入り。思い切って懐に飛び込めば、拙い言葉でも人は理解してくれることも知りました。就活では、この実習で得た「ものづくり」への情熱と体験を、自ら描いた絵も持参して自己PRしました。考え方や方法は人それぞれで良いと思います。重要なのは、4年間なにをやってきたかを、自信を持って語れるかです。

    多文化社会学部多文化社会学科 社会動態コース
    2017年度卒・古河電気工業株式会社勤務
    高田 真也さん

    ゼロから挑む難しさと楽しさ。人との出会いで、可能性は広がる。

    私の人生観を変えた転機の一つが、イギリスのアバディーン大学への留学です。長崎市とアバディーン市は友好都市関係にあり、その架け橋として活動したいと、渡航前から長崎市の国際交流課などに顔を出しました。そこでJAPAN DAY Aberdeenというイベントがあると知り、自ら連絡し参加準備をはじめました。現地では、エディンバラ総領事や約2,000人のアバディーン市民の前で、両市の未来についてプレゼンテーションしました。ゼロから調べ、考え、行動するには勇気も労力も必要です。でも、達成した時の喜びは計り知れません。この経験から、私は地元九州と世界をつなぐ仕事に就きたいと、いまの会社に入りました。本学部には、たくさんの出会いが待っています。それをどう活かすかが4年間の一番の課題かもしれませんよ。

    多文化社会学部多文化社会学科 グローバル社会コース(現 国際公共政策コース)
    2017年度卒・株式会社 双日九州勤務
    廣岡 胡美さん

    ▲ページ上部へ

    キャリア関連科目

    多文化社会学部では、グローバル化時代のライフコースを視野に入れたキャリア教育を重視しています。入学時の学部モジュール科目「グローバルキャリアへの扉」と、専門教育のキャリア科目「キャリア形成論」をそれぞれ必修としています。また、学生のキャリア意識の醸成を目的に、外部講師を招いています。

    ▲ページ上部へ

    就職活動支援

    長崎大学キャリア支援センターと連携し、同様の支援に加え、多文化社会学部独自の5つの支援
    (1.ガイダンス 2.個別面談 3.講座 4.仕事セミナー 5.動画配信)があります。

    多文化社会学部による就職支援(主に3年次以降)

    ※詳しくは、就職手帳を参照ください。
    ※就職手帳に記載の「企業セミナー」「学内仕事セミナー」は、平成30年度より名称を「仕事セミナー」に統一しています。

    就職支援項目別・満足度

    就職支援項目別・満足度

    就職ガイダンス

    就職活動に関する基本的なフローを卒業研究など大学の学事歴に合わせて示しながら、企業の採用動向、多文化社会学部が独自に企画し提供する支援策と体制について説明しています。

    留学に行く学生向けの就職ガイダンス

    留学経験者を対象にした合同企業説明会を企画運営する企業の協力を得て、留学中や帰国後の就職活動についてガイダンス形式で説明しています。説明会に参加する企業を中心に、留学経験者への企業ニーズや最新の採用動向を紹介しています。

    キャリアカウンセリング

    学生1人1人に対して、キャリアカウンセリング(個別面談)を実施しています。
    大学院進学やインターンシップ等についても、学びやキャリアのプランに基づいてアドバイスしています。キャリアカウンセリングは、3~4年次の学生を対象に年3回のペースで定期的に実施するとともに、希望する学生には、学年と時期を問わずキャリア担当の専任教員がマンツーマンで応じる態勢をとっています。

    仕事セミナー

    仕事セミナー

    多文化社会学部ならではのキャリア支援のひとつが学部独自企画の仕事セミナーです。積極的にグローバル展開を目指す、優良企業(九州企業を含む)・団体から人事担当者を、1日1社ずつ年70社から講師として招聘します。
    最新の企業および業界動向について、直接、情報が得られます。学業に支障がないように連日6限の時間帯に設定されており、本学部生であれば、すべてのセミナーに予約なしで自由に参加きます。

    就職支援講座

    就職活動に向けて必要となる自己分析や企業・業界研究、エントリーシート(ES)などの応募書類の書き方を実践形式で学ぶ講座です。中長期留学する学生は、帰国後、速やかに就職活動に着手し、集中的な対応が必要になります。この講座を受けることで迅速かつ円滑な就職活動を支援します。講座は正規授業に支障がないように6限に開講します。

    面接対策講座

    多文化社会学部のキャリア担当の専任教員による実践的な指導に加え、企業の人事担当者を招聘した臨場感のある模擬面接を実施します。面接後には、面接結果を学生に繰り返しフィードバックします。学部内でフィードバックを反復することにより、本番の就職活動でも自信を持って面接に挑めるようになります。

    ▲ページ上部へ

    インターンシップ

    国内外 インターンシッププログラム

    国内インターンシップの支援のほか、学部独自の英語圏・非英語圏双方の海外インターンシッププログラムを提供しています。英語と現地語を実際に使用しながらの海外現地生活を体験し、多様な文化と人々との触れ合いにより、グローバル社会を生き抜くための経験的知識の獲得を目指します。

    【インターンシップ実績】
    一般財団法人・沖縄観光コンベンションビューロー、NTTファイナンス株式会社、高砂香料株式会社、TOTOエンジニアリング株式会社、神鋼商事株式会社、長崎新聞社、琉球新報社、読売新聞西部本社、AIG、株式会社熊本銀行、傳辰顧問股份有限公司(OneLine Consulting/ワンラインコンサルティング) 他多数

    ▲ページ上部へ

    保護者の皆様へ

    インターネットやスマートフォンの普及に伴い、大学生の就職活動も様変わりしています。
    近年では、専門業者による就職サイトを活用した就職活動が一般的です。誰もが企業情報を簡単に収集可能になりました。
    その反面、応募先が有名・大企業に偏りがちです。就職活動期間についても、3年生の3月に説明会(募集情報の公開)解禁、4年生の6月に選考解禁となっており、短期化しています。
    こうしたなか、学生の保護者を対象に、毎年秋に「保護者向け就職ガイダンス」を長崎市、福岡市、沖縄市で開催しています。就職活動の最新状況に、本学部独自の就職支援の内容を合わせて説明し、学生と教員・保護者の連携を図るよう努力しています。遠距離のため参加困難な場合や、個別相談が必要な保護者に対しては、メールや電話による相談にも応じています。

    平成29年度実績

    ■保護者向け就職ガイダンス長崎(平成29年11月12日、長崎大学文教キャンパス)
    ■保護者向け就職ガイダンス福岡(平成29年11月26日、博多バスターミナル会議室)
    ■保護者向け就職ガイダンス沖縄(平成30年2月17日、ネストホテル那覇)

    • 【長崎での保護者ガイダンスの様子】

      長崎での保護者ガイダンスの様子
    • 【福岡での保護者ガイダンスの様子】

      福岡での保護者ガイダンスの様子

    ▲ページ上部へ


    UP
    • 日本語版パンフレット
    • 学生宿舎のご案内
    • 英語カフェのご案内
    • 学外試験場のご案内
    • 批判的・論理的思考力テスト(総合問題)出題例
    • 留学について
    • 卒業後の進路
    • Catch Up!多文化