大学院の紹介

    入学試験

    専攻名称 多文化社会学専攻
    (Department of Global Humanities and Social Sciences)
    入学定員 10名
    学位名称 修士(学術)
    (Master of Arts)
    人材養成像 21世紀社会の多文化社会的状況における諸問題に対して,文化的他者への理解や共感を第一義に据えて多様な文化や社会,理念や利害を洞察し,自らが有する確かな専門知とともに異なる専門知をも横断的に繋ぎつつ,多文化社会学の超域的かつ俯瞰的な見地から問題の発見・説明・予測・解決に取り組むことのできる人材を育成します。

    多文化社会学研究科のアドミッションポリシー

    本研究科のアドミッションポリシーでは、次のような資質を持った学生を選抜することを掲げています。

    1. グローバル世界について、文化的他者との共生を軸に据えて、そこに生きる人間や生成する社会・文化に対する理解と共感を深め、現在的な課題に取り組む意欲を持つ者

    2. 単に国際的な競争力を身に付けることに関心があるのではなく、むしろ将来への展望を見出そうとする意志を持つ者

    3. 人類の多様な文化や歴史を踏まえ、宗教や民族の違い等の文化的多様性を尊重しつつ、広く世界の人々と交わり、人類の発展と幸福に貢献することに関心を持つ者

    入学資格及び選抜方法

    本研究科の主な入学資格は、
    「学士の資格を取得し、俯瞰的かつ領域横断的な人文社会科学系の教育を受けるための基礎的学力を有していること」である。

    また、入学者選抜の選抜方法は次のとおりである。

    【一般入試】

    本研究科の一般入試においては、出願書類及び下記1)~2)の試験の成績を基に総合的に判定する。
    筆記試験については、専門科目を履修するうえで必要な基礎知識を問うことを目的として実施する。

    1)筆記試験
    専門科目(人文社会科学系)の筆記試験と外国語(英語)の学力検査を行う。(専門科目100点,外国語50点)なお、外国語(英語)については,下記のいずれかの受験方法を選択させる。

    1)本研究科実施の外国語(英語)を受験する。
    2)TOEFL-iBTもしくはIELTSのいずれか一方又は両方のスコア(成績)の提出により、本研究科実施の外国語(英語)を受験 しない(免除)
    3)TOEFL-iBTもしくはIELTSのいずれか一方又は両方のスコア(成績)を提出し、かつ本研究科実施の外国語(英語)を受験する。この場合、選抜にあたっては、最も高い評価点を採用する。

    2)口述試験(出願書類の内容審査を行う口頭試問)
    口述試験では,専門知識や勉学への関心・意欲、人文社会科学系の実践の場で必要とされるコミュニケーション能力や協調性等の資質を日本語及び英語で審査し、出願書類の内容から総合的に判断する。(口述試験50点)

    【外国人留学生入試】

    本研究科の外国人留学生入試は、基本的には一般入試と同様であるが、外国語の筆記試験は「英語」ではなく、「日本語」とする。
    英語力については、口述試験において判断する。

    募集要項

    下記より募集要項PDF(約2.17MB)、研究計画書(WORD形式:約30KB)をダウンロードできます。

    ※出願にあたっては、募集要項(正本版)が必要となります。
    ※募集要項(正本版)の請求方法については、こちらをご覧ください。
    ※研究計画書については、A4サイズで印刷して利用しても差し支えありません。

    【送付申込窓口】
    長崎大学文教地区事務部学務課(多文化社会学部・多文化社会学研究科担当)
    電話:095-819-2975

    研究科パンフレット

    下記より研究科パンフレットPDF(約4.64MB)をダウンロードできます。


    UP
    • 本学教員による学問のミニ講義
    • 進学説明会
    • 長崎大学多文化社会学部・研究科 パンフレットダウンロード
    • 留学について
    • 「国際学寮ホルテンシア」について
    • 卒業後の進路
    • 英語カフェのご案内
    • ライティングセンター