大学院の紹介

    学生からのメッセージ

    長崎大学大学院多文化社会学研究科博士前期課程の在学生から、受験生へのメッセージを紹介します。

    言語学的な視点のみならず多様な考えを身に付けたい

    言語多様性科目群 2年 安部 健太朗

    言語多様性科目群 2年(※2019年度)
    安部 健太朗

    私は、多文化社会学部を卒業して、大学院へ進学しました。学部の授業では、人文系学問の基礎的な知識を学びました。それらは、現代の学問における重要な基礎知識であるため、大学院の講義、「学問のエレメンツ」でもたびたび耳にします。学部と大学院の重要な違いは、その内容の深度にあると思います。「学問のエレメンツ」では、諸学問のベースとなる哲学であるメタ理論(存在論、認識論、方法論)を中心に勉強します。すべての学問の根底部分には哲学が存在します。それらを学習することによって、学問を根底から再構成し、多文化社会学という新しい学問を作り上げていこうというのが、大学院の狙いです。

    このようなカリキュラムで勉強できるのは、おそらく多文化社会学研究科だけです。人文科学を領域横断的に学べるので、自分の専門分野以外の考え方も学ぶことができ、学びが充実しています。私は、言語学の第二言語習得論を研究しています。言語学的な視点のみならず、幅広い学問に触れることによって多様な考え方を身に付けたいと考えています。

    平和活動の経験と研究科での学びを通して核軍縮・不拡散教育を考える

    核軍縮・不拡散科目群 1年 光岡 華子

    核軍縮・不拡散科目群 1年(※2019年度)
    光岡 華子

    私は長崎大学教育学部を卒業し、この多文化社会学研究科に進学しました。学部時代は、それまで関心のあった“平和”について長崎の視点から学び、Peace Caravan 隊という団体で、現在の核問題にもフォーカスした平和出前講座を各地で行ってきました。より多くの人に核の問題は今の問題であり、 私たち自身の問題であると捉え、考えてもらえるように励み、教育者、発信者となることの意義を体感しました。

    しかし、活動を重ねていく中で「核兵器はなぜダメなのか」「どうすれば廃絶できるのか」という問いに対する 自分の考えの浅はかさを痛感しました。大学院への進学を決意したのは、自分が当然のように受け止めていることを問い直し、深める機会が必要だと思ったからです。

    これまで活動的に過こしてきた私にとって、大学院での答えのない問いに向き合い考える時間は、新鮮でとても楽しいです。学部時代の経験とこれからの学びを活かして、研究テーマである「被爆者なき世界の核軍縮 ·不拡散教育の在り方」について国際比較を適して研究していきたいと思います。

    日中のかけ橋となり両国間の理解・交流に力を尽くしたい

    政策科学科目群 2年 馬 継銘

    政策科学科目群 2年(※2019年度)
    馬 継銘

    私は、中国から日本へ留学し、日本語学校での勉強を経て、多文化社会学研究科へ入学しました。学部ではジャーナリズムを専攻し、編集者・記者の仕事を目指しています。この研究科では日本、中国などのアジア諸国だけではなく、世界中の様々な国が研究対象であり、私たちの社会では「当たり前」のことを再考しています。これは編集者・記者にとって必要不可欠なことだと考えています。

    この研究科では、自分の専門分野以外も学べます。昨年は国立歴史民俗博物館で開講された「総合資料学」を受講しました。博物館の先生が分かりやすい事例で教えてくださいますので、歴史が専門でなくても気軽に受講できます。「総合資料学」はある分野·学問について研究するのではなく、多様な学問を統合した上の学問なので、どんな分野を研究する人にとっても役に立つと思います。

    現在は、中国のネットにおける市民社会について研究しています。日本、そして長崎にいるからこそ発見できる問題が必ずあると思います。卒業後は日中のかけ橋となり、両国間の理解・交流のために力を尽くすメディアの一員として働きたいと考えています。


    UP
    • 本学教員による学問のミニ講義
    • 進学説明会
    • 長崎大学多文化社会学部・研究科 パンフレットダウンロード
    • 留学について
    • 「国際学寮ホルテンシア」について
    • 卒業後の進路
    • 英語カフェのご案内
    • ライティングセンター