大学院の紹介

    博士後期課程の教育理念・目標

    博士後期課程では、博士前期課程で身につけた多文化社会学の「学問のエレメンツ」と「学問のプラクティス」の統合と展開を更に進め、多文化社会学の更なる高度化と専門化をより一層図ることで、研究者として自立できる独創的な知見と能力及び高度に専門的な職業に従事できる卓越した能力を養成することを教育理念としています。

    具体的には、多文化社会学の更なる高度化では、多様性を前提にして、異なる文化や社会との交流からグローバルとローカルの接続を図り、世界を俯瞰的に捉えると同時に、生命、精神、社会文化への関心を有するディシプリンを糾合して、人文社会科学系の学際的な総合研究領域の構築を目指すものであることを踏まえ、多文化社会学のより高度なレベルでの洗練化を通じて、「多文化社会的状況」における複雑な諸問題の「問題本質の見極め」と「問題解決に向けた多様な解の提示」を目指し、21世紀の学問に求められる価値の創生と普及及び生命、精神、社会文化の持続可能な世界の構築に資する、国際的発信能力を備えた研究者及び高度専門職業人等の養成を目標としています。

    博士後期課程の3つのポリシー

    ディプロマポリシー

    博士後期課程では本専攻に2年以上在学し、所定の単位を修得し、以下の資質を身につけたうえで、学位論文の審査及び最終試験に合格した者に対し、博士(学術)の学位を授与します。

    以下のいずれかの研究を行い、多文化社会学に関する高度に専門的な知識と独創的な能力
    (1)共生と多様性の理論の確立を目指す社会文化研究
    (2)言語・非言語コミュニケーションを通した相互理解の原理的解決を目指す言語研究
    (3)日本・長崎の視点から、21世紀の人文社会科学の土台となる新たな自己-他者関係を構築するアジア研究
    (4)グローバルな公共的価値を形成する公共政策研究
    (5)核兵器廃絶の推進に寄与する平和に関する理論的及び実践的研究

    人文社会科学系の再編を通じた多文化社会学の基盤的かつ汎用性を持った知と方法のより一層高度な修得を通じた、「多文化社会的状況」における「問題本質を見極める能力」又は「問題解決に向けた多様な解を提示する能力」

    異なる社会の経験と理論を往還し、新たな知と価値を創生するなかで、自立的に研究を遂行することができる卓越した能力又は高度に専門的な職業に従事することができる卓越した能力

    カリキュラムポリシー

    5つの系から多様な専門分野で構成される研究指導チームが構成され、多角的な視野に基づく研究指導を通じて、多文化社会学の独創的な知見や卓越した能力を修得します。

    基盤的かつ汎用性を持った多文化社会学の、より高度で独創的な知と方法を修得するため、社会文化研究系、言語研究系及び環海日本長崎学・アジア研究系の見地から「多文化社会的状況」への「問題本質を見極める力」の基盤を形成し、公共政策研究系及び核兵器廃絶・平和学系の見地から新たな知と価値の創生につながる「問題解決に向けた多様な解を提示する力」の基盤を形成する講義科目を編成します。

    各自の研究テーマの目的・意義・方法を明確化し、「問題本質を見極める力」又は「問題解決に向けた多様な解を提示する力」の更なる高度化を図るために演習科目を編成します。

    演習科目の履修で得た研究成果に基づき、更なる分析と考察を進めるなかで、博士論文を作成するために研究指導を実施します。

    アドミッションポリシー

    入学者に以下の資質・素養を求めます。

    1. 人文社会科学に関する素養と知識を持つ。

    2. 21世紀社会の「多文化社会的状況」――非対称的で不均等な社会の在り方、不均衡な資源分配に伴うリスクの拡大、民族・宗教・文化・国家等の摩擦や対立などが、世界のなお一層の交叉・輻輳をともないつつ、複雑な諸問題を生み出している状況――に対して、理解と共感を深めることができる。

    3. 広く世界のさまざまなバックグラウンドを持つ人々との交流とともに、地球社会の発展と幸福に貢献することに関心を持つ。


    UP
    • 本学教員による学問のミニ講義
    • 進学説明会
    • 長崎大学多文化社会学部・研究科 パンフレットダウンロード
    • 留学について
    • 「国際学寮ホルテンシア」について
    • 卒業後の進路
    • 英語カフェのご案内
    • ライティングセンター