大学院の紹介

    博士前期課程の教育理念・目標

    長崎大学は、「長崎に根づく伝統的文化を継承しつつ、豊かな心を育み、地球の平和を支える科学を創造することによって、社会の調和的発展に貢献する」という理念を掲げ、これを実現するために「現場に強い、危機に強い、行動力のある」人材を育成し、21世紀の知的基盤社会をリードすることを目指しています。そのための重要教育目標の一つは、グローバル化時代の国際的な現場でリーダーシップを発揮することのできる人材を育成することです。

    本研究科修士課程多文化社会学専攻では、「学問のエレメンツ」と「学問のプラクティス」の学問上における「連携・統合・展開」(理論から応用にいたるプロセスと双方の有機的な連携)を通じて、多文化社会学を〈学〉として深化させるとともに、その修得を図ります。そして、多文化社会学の修得を通じて、文化的他者への理解や共感をベースに、多様な文化や社会、理念や利害を洞察し、異なる知や人を横断的に繋ぎ、超域的かつ俯瞰的な見地から、21世紀の多文化社会的状況における諸問題の発見・説明・予測・解決に取り組むことのできる人材の育成を目指します。

    博士前期課程の3つのポリシー

    ディプロマポリシー

    博士前期課程のディプロマポリシーは、21世紀社会の多文化社会的状況において相互に関連している以下の諸問題に対して、文化的他者への理解や共感を第一義に据えて多様な文化や社会、理念や利害を洞察し、自らが有する確かな専門知とともに異なる専門知をも横断的に繋ぎつつ、多文化社会学の超域的かつ俯瞰的な見地から問題の発見・説明・予測・解決に取り組むことのできる人材を育成することです。

    (1)民族、宗教、文化、国家の摩擦や対立とその背景にある存在や意味の多様性に対する否定や反動の問題
    (2)不均衡な資源分配に伴うリスク拡大や、政策・制度・規範と人間の安全保障に関わる問題
    (3)日本・アジアと世界の交叉・輻輳のなかで生じる歴史・文化・社会の問題
    (4)コミュニケーションの発話行為を通じた意味創出やルール革新等、言語が現実構成の基盤にあることの理解の欠如に関わる問題
    (5)軍縮・不拡散が未完のプロジェクトであることで生じる人道、安全保障、経済面等の問題

    カリキュラムポリシー

    博士前期課本研究科のカリキュラムは、「学問のエレメンツ」と「学問のプラクティス」の2本柱により構成され、双方の「連携・統合・展開」を通じて多文化社会学を身に付けた人材を養成します。

    (1)「学問のエレメンツ」
    人文科学、社会科学に通底する原理としての存在論、認識論、方法論を学び、多文化社会的状況における諸問題に直面する現実世界との対照や、ディシプリンにおける最新の研究成果を読解していくなかで、各ディシプリンの概念と理論を生み出した学問的土台(存在論、認識論、方法論)そのものに位置づけ直し、概念と理論の射程と限界を批判的に検討・再構築を図ります。さらには、多文化社会的状況における諸問題を俯瞰的に捉えるための専門知の超域的活用の受け皿となる新たな学問的枠組みを探求する。このようにして、「問題本質を見極める力」と「専門知の超域的活用のための力」を徹底して養成し、「学問のプラクティス」と連携・統合・展開していくための基礎を築きます。

    (2)「学問のプラクティス」
    各科目群で、社会、文化、政策、応用、言語等に対する専門的な知識と技法を学び、
    (1)文化的他者への理解と共感に基づき、超域的に人と知を繋ぐことで、異なる価値や理念から生じる問題を発見・説明・予測・解決できる能力
    (2)政策研究や政策分析の力に基づき、超域的に人と知を繋ぐことで、多文化的状況における多様な利害関係者の思想や行動を考慮しつつ最善の解決策を提示できる能力
    (3)グローバル世界での重要な結節点である「日本・長崎」への深い理解力に基づき、相即不離に「世界と地域」を創生していく能力
    (4)小・中・高・大学への連続的、かつ有機的連携に対する専門的アドバイスやプログラム開発を担える能力
    (5)核軍縮・不拡散分野において人文社会科学系と理工系および研究と実務の両側面を兼ね備えた能力
    などを養成します。

    ▼科目に関する別表(多文化社会学専攻)

    アドミッションポリシー

    俯瞰的かつ領域横断的な人文社会科学系の教育を受けるための基礎的学力を有しており、高い学習・研究意欲を持つ学生を選抜します。

    本課程の入学者には以下の資質・素養を求める。

    1. グローバル世界について、文化的他者との共生を軸に据えて、そこに生きる人間や生成する社会・文化に対する理解と共感を深め、現在的な課題に取り組む意欲を有する。

    2. 単に国際的な競争力を身に付けることに関心があるのではなく、むしろ将来への展望を見出そうとする意志を有する。

    3. 人類の多様な文化や歴史を踏まえ、宗教や民族の違い等の文化的多様性を尊重しつつ、広く世界の人々と交わり、人類の発展と幸福に貢献することに関心を有する。

    ▼選抜方法に関する別表


    UP
    • 本学教員による学問のミニ講義
    • 進学説明会
    • 長崎大学多文化社会学部・研究科 パンフレットダウンロード
    • 留学について
    • 「国際学寮ホルテンシア」について
    • 卒業後の進路
    • 英語カフェのご案内
    • ライティングセンター