学部・研究科からのお知らせ

    保護中: ロッド・エリス先生の講演会について

    2019/04/18 その他

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

    多文化社会学部専任教員 山下 龍助教の対談記事が季刊誌「樂」に掲載されました。

    2019/03/28 その他

     本学部専任教員の山下 龍助教とリチャード・コルネリス・デブール氏(造船関連外資系企業長崎事務所)の対談記事「歴史に導かれた長崎に暮らして見えたもの」が、季刊誌「樂」第42号(特集「長崎と和蘭陀 ~姉妹都市を巡る旅~」)に掲載されました。

     季刊誌「樂」第42号については、こちらをご覧ください。

     (PDF、342K)  (PDF、1MB)

    <山下先生 略歴>

    1971年オランダ・ライデン市生まれ。

    長崎大学グローバル連携機構 機構長特別補佐、多文化社会学部助教、言語教育研究センター助教、医学部研究管理者兼助教、ライデン大学地域研究所研究員(日本文化と歴史専門)。
    専門分野は、日欧比較文化、西欧文化史、日本文化史、オランダ語教育。

    日本の伝統文化に造詣が深く(肥前松浦伝鎮信流茶道師範など)、10年前に日本国籍を取得。

     

    教員紹介は、こちらをご覧ください。

     

    見原礼子准教授 第3回長崎大学未来に羽ばたく女性研究者賞 最高賞を受賞

    2019/02/18 その他

    多文化社会学部の見原礼子准教授が、上記賞の最高賞である優秀女性研究者賞を受賞されました。

    この賞は、優れた研究成果を挙げた長崎大学の若手女性研究者を顕彰することによって、研究意欲を高め、学術研究の将来を担う優秀な女性研究者の育成及び男女共同参画の促進を目的として創設されたものです。

     

    なお、2月8日(金)に受賞者研究発表会及び授与式が開催されました。

    詳細は、長崎大学ダイバーシティ推進センターのHPをご覧ください。

     

    賞状

    見原准教授(左)と葉柳学部長(右)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    波佐間逸博准教授 2018年度国際開発学会賞 選考委員会特別賞 を受賞

    2019/01/07 その他

    多文化社会学部・大学院多文化社会学研究科の波佐間逸博准教授が分担執筆した著作が、2018年度国際開発学会賞の選考委員会特別賞を受賞しました。受賞対象となった著作『地域研究からみた人道支援―アフリカ遊牧民の現場から問い直す』(湖中真哉ほか編、昭和堂、2018年)は、国際開発の分野において特に顕彰すべき作品であると高く評価されました。

    詳細はこちらをご覧ください。

     

    多文化社会学部ライティング・センターを開設しました。

    2018/11/05 その他

     多文化社会学部では、2018年11月よりライティング・センターを開設します。卒業論文、修士論文、博士論文、学会発表の原稿や要旨、学術誌や紀要に投稿する論文等、学生が執筆した学術的英語論文を対象に指導員が一対一で指導を行います。2018年度は、文系の論文を指導対象とします。

     

     ライティング・センターにおける指導では、文法や語彙選択の間違い等の細かい添削を行う、いわゆるネイティブ・チェックは行いません。読者に説得力のある論を提示するために、論理や構成、スタイル面で英語論文をどのように改善できるかということに重点を置きます。何を読者に伝えたいか、どのように根拠を示して主張を述べれば的確に伝わるかについて論理的に考え、より良い論文にできるように支援します。

     

     執筆のどの段階でも指導を受けることができますが、指導を希望する学生は、「ライティング・サポート予約システム」で注意事項を確認した上で、予約を行ってください。

     

    • ライティング・センターの指導教員

    伍 嘉誠(指導で対応できる言語:北京語、広東語、英語、日本語)
    ヌルガリエヴァ・リャイリャ(指導で対応できる言語:カザフ語、ロシア語、英語、日本語)
    トート・ルディ(指導で対応できる言語:オランダ語、英語、日本語)

     

    • アクセス・お問い合わせ先

    所在地:長崎大学文教キャンパス総合教育研究棟5階 多文化社会学部ライティング・センター
        (エレベーターを降りてまっすぐ進んでください。)

    お問い合わせ先:sghss.english@gmail.com

     

     

     

    • よくある質問

    Q. 論文のネイティブ・チェックや校正を行ってもらえますか?

    A. 行いません。ライティング・センターにおける指導は、ネイティブ・チェックや細かい添削ではなく、論理的に考え、主張とその根拠が的確に伝わる論文にすることに重点を置いています。ただし、体系的な間違いの一括的な指摘や、論文の論理構成に影響する文法や表現に関する問題の指摘は行います。

     

    Q. ライティング・サポートを申し込むには、どうすればよいですか?

    A. 「ライティング・サポート予約システム」からお申し込みください。

     

    Q. ライティング・サポートはいつ利用できますか?

    A. 授業期間中の月曜日から金曜日までです。利用可能な時間については下記の表をご参照ください。40分のセッションを一日2回まで、週に4回まで受けられます。

     

     

     

    Q. 予約なしで当日、ライティング・センターに行けば、すぐにサポートを受けられますか?

    A. 受けられません。サポートは完全予約制です。予約は次週のサポート分のみです。たとえば、11 月12日(月)~16 日(金)間のサポートであれば、11 月5日(月)9時から11月9日(金)13 時までに予約をしてください。

     

    Q. どのような原稿が対象となりますか?

    A. 文系の卒業論文、修士論文、博士論文、学会発表の原稿や要旨、学術誌や紀要に投稿する論文等、学生が執筆した学術的英語論文が対象となります。文系である限りは、テーマを問いません。

     

    Q. 原稿を事前に送る必要がありますか?

    A. ありません。ファイルは電子メールに添付しないでください。原稿のデータファイル(USBメモリ等に入れたWord形式のファイル)とデータを紙に印刷したものを持参してください。ノートパソコンは、こちらで用意しています。

     

    Q. 遅刻・取り消しの場合は、どうすればいいですか?

    A. 事前連絡なく10分以上遅刻した場合は予約を取り消します。学期内に3 回以上事前連絡なく欠席した学生(No Show)については、原則その学期のサポートが受けられなくなります。体調不良などでやむを得ず取り消しをする場合には、sghss.english@gmail.com にメールで事前に連絡してください。

     

    稲田俊明先生,源島福己先生,佐久間正先生の最終講義を開催します。

    2018/01/24 その他

     

    平成29年度をもって退職される稲田俊明先生,源島福己先生,佐久間正先生の最終講義を下記のとおり開催いたします。

    どなたでも自由にご参加いただけます。

     

    発起人  中村則弘  首藤明和  葉柳和則
       連清吉   王維    正本忍 

     

     

    日 時:

    平成30年2月16日(金) 15時00分~18時00分

    会 場:

    総合教育研究棟3階 多文化31番講義室

    題 目:

    源島 福己先生「ルンビニの思い出とプロウティアン・キャリア」

     

    佐久間 正先生「環境思想と仏教 」

     

    *稲田俊明先生の最終講義は本学言語教育研究センター主催で3月14日(水)に行われます。

     

     

    お問い合わせ: 長崎大学多文化社会学部 総務班

            TEL:095-819-2934

            FAX:095-819-2912

            hss_soumu●ml.nagasaki-u.ac.jp

            ※●を@に置き換えて送信してください。

     

    多文化社会学部協賛映画『僕のいる場所 Passage of Life』(東京国際映画祭「アジアの未来」部門の日本代表作品に決定)

    2017/09/29 その他

     

    『僕のいる場所 Passage of Life』(監督・藤元明緒)は、日本在住のミャンマー移民をテーマに制作した実話に基づく、日本とミャンマー合作映画です。長崎大学多文化社会学部では、本作品に協賛団体として制作協力してきました。一般上映に先立ち平成28年7月2日、多文化社会学部提供のワンアジア財団寄付講座「共生するアジアの多文化社会」の企画として試写会と監督、ディレクターとの討論会を開催しました。試写会での反響も踏まえて編集作業の最終調整を終え、このほど第30回東京国際映画祭(10.25‐11.3)での上映が決定しました。

     

     

    詳細は下記をご覧ください。

     

    「第30回東京国際映画祭 | 僕の帰る場所」 

    http://2017.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=39

     

    「日本とミャンマーを舞台にした映画『僕の帰る場所』(英題)Passage of Life」

    http://www.passage-of-life.com

     

     

     

    西北大学及び陝西師範大学(中華人民共和国)との学術交流協定及び学生交流に関する覚書を締結

    2017/06/09 その他

     このたび片峰学長が中華人民共和国の西安を訪問し,2017年6月4日(日)には西北大学と,6月5日(月)には陝西師範大学と,学術交流協定及び学生交流に関する覚書を締結しました。

     

     西北大学での調印式では,本学側から中村則弘多文化社会学部長及び楊暁安同学部教授が,西北大学側から湯玉明国際交流興合作処長,王国棟同副処長,段建軍文学部長らが立ち会い,片峰学長と郭立宏学長が学術交流協定及び学生交流に関する覚書に署名しました。

     

     陝西師範大学での調印式では,本学側から中村則弘学部長及び楊暁安教授が,陝西師範大学側から張凌雲国際交流興合作副処長,李娟國際交流與項目管理科長らが立ち会い,片峰学長と程光旭学長が学術交流協定及び学生交流に関する覚書に署名しました。

     

     片峰学長は陝西師範大学での調印式の後,「Educational Reform in Nagasaki University」と題して学生や教職員に対して講演を行いました。

     

     長崎大学と両大学はこれまでも研究者の交流がありましたが,今回の協定及び覚書の締結により,学生の交換留学やフィールドワークの実施先として更なる交流の活性化が期待されます。

     

    • 西北大学との調印式

     

    • 陝西師範大学との調印式

    多文化社会学部のキャリア教育

    2017/01/15 その他

    長崎大学広報誌「Choho No.58(冬季号:2017年1月発行)」で、多文化社会学部のキャリア教育に関する記事が掲載されています。是非ご覧ください。

    学部別のキャリア教育「多文化社会学部:一日一社の企業紹介と業界案内」(PDF版:1.1MB)

     

    広報誌の最新号及びバックナンバーはこちらから

     

     


    UP
    • 本学教員による学問のミニ講義
    • 進学説明会
    • 長崎大学多文化社会学部・研究科 パンフレットダウンロード
    • 留学について
    • 「国際学寮ホルテンシア」について
    • 卒業後の進路
    • 英語カフェのご案内
    • ライティングセンター