受験生の方へ

    アドミッションポリシー

    1.教育理念・目標

    多文化社会学部では,「グローバル化時代の多文化社会において必要とされる人間力と社会力」を身につけ,多様な文化的背景を持つ人々と協働し,グローバル化する社会を担い,たくましく生き抜く力を有するグローバル人材を世界に送り出すことを教育理念としています。
    具体的には,人文社会系学部の学士課程教育における専門性を担保しつつ,グローバル人材の基盤的資質としての高度な外国語の運用能力・コミュニケーション能力とジェネリックスキルの涵養に重点的に取り組みます。すなわち人文社会系諸分野を「多文化社会」の観点から再編・統合することで,政治・法律・経済等の社会科学系の知識と考え方と,世界の各地域の多様な社会・文化・歴史・宗教を理解できる人文学系の知識と考え方とをあわせ持つ人材を育成し,言語的・文化的背景を異とする人々と協働して,国際社会の様々な課題の解決に向けて行動できる人材を世界に送り出すことを教育目標としています。

    2.アドミッションポリシー

    多文化社会学部の入学試験では、高等学校までの教育課程を尊重し、基礎的・基本的知識と教育課程を通して育成される論理的批判的思考力・判断力・表現力を評価します。
    また、入学後のカリキュラムを考慮して、選抜にあたっては英語を主とした外国語の運用能力と、多文化状況や異文化への興味・関心、学ぶことへの意欲も重視します。

    多文化社会学部は、入学者に以下の資質・素養を求めます。

    英語を主とする外国語の運用能力の基礎が充実している
    センター試験の「外国語」の配分、外国語(英語)検定試験の結果の活用、前期日程における個別学力検査「外国語」、外国語(英語)を用いた面接

    世界の多文化状況や異文化交流に興味、関心を持ち、グローバルな視点で自ら学ぼうとする意欲がある
    AO入試Ⅰにおける筆記試験

    世界の多文化状況を客観的に捉え、見出された課題の解決に向けて論理的に思考できる
    後期日程における小論文

    世界規模の多種多様な考え方や価値観を尊重しつつ、それらについて批判的に思考できる
    前期日程における総合問題

    ▼選抜方法に関する別表

    ※調査書について…平成32年度入試に向けて検討中

    ページトップへ

    • 日本語版パンフレット
    • 学生宿舎のご案内
    • 英語カフェのご案内
    • 学外試験場のご案内
    • 批判的・論理的思考力テスト(総合問題)出題例
    • 留学について
    • 卒業後の進路

    ページトップへ