留学プログラム

    【カナダ】レスブリッジ大学

    update: 2023

     

    履修科目

     

    ● History in Practice

    ● Introduction to Linguistics I: Phonetics and Phonology

    ● Introduction to Linguistics II: Morphology, Syntax ans Semantics

    ● Introduction to Animation

    ● Introduction to Archaeology

    ● Introduction to Canadian Culture and Management

    ● Introduction to Sociology

    ● Japan, North America and the World

    ● Japanese Culture, Society and Economy

    ● Methods, Knowledge, and Ethics

    ● The Anthropological Perspectives


     

     

    履修について

     

    最低履修単位数は3単位。履修登録は学校の専用サイトのbridgeで行う。最大で5科目履修できますが、コーディネーターから4単位が最適なのでは、と言われた。

     

     

     

    授業について

     

    授業時間によって週1~3回の授業がある。20名以下の少人数の授業がおすすめ。少人数制の授業の方が先生との距離が近く、質問はないか、授業についていけているか気にかけてくれるので良かったです(当てられる頻度は高くなりますが)。

     

    予習では毎回大量のReadingが課されました。長崎大学での寮と比べると何倍も多いので大変でした。ただ、予習・復習をする時間はたくさんありました。

     

     

     

    派遣先大学のサポート体制

     

    留学コーディネーターの回答が早かったので、気軽に相談できました。International Centerが定期的に留学生向けのイベントを行っていました。

     

    勉学においてのサポートは、バディ制度があったので、事前に申し込んでおくと現地の学生1人が大学生活を送っていく上でのサポートをしてくれました。学内で困ったことがあればバディに聞いていました。

     

    レポート課題は、Writing Centerで添削してもらうことができました。チューター(言語パートナー)をつけてくれるサポートもあり、それとは別に授業ごとにチューターをつけてくれる制度もあった。ただし、希望者が多い場合は、授業チューターの申請が通らないこともあります。

     

     

     

    現地の到着空港から大学(寮)までの移動

     

    大学がタクシーを手配してくれました。

     

     

     

    滞在先

     

    ホームステイをしました。上の階に大家さんが住んでいて、自分は下の階でメキシコ人留学生とルームシェアしていました。キッチンは大家さんと3人で共有でしたが、バスルームは1階でルームメイトと共有で使っていました。とてもやさしく親切な大家さんで最高でした!家賃は、月額8万円ほどで、現地で銀行口座を開設し、大家さんに口座振替で毎月支払っていました。

     

     

     

    日本から持参した方がいいもの

     

    大学のジムで体を動かしたい人は、スポーツウェアを持っていくと良いと思います。大学にはプールもあるので、泳ぎたい人は水着も持っていくと良いと思います。

     

    手ぬぐいやガチャガチャ、日本のお菓子はお土産として喜ばれました。

     

     

     

    現地での交通手段

     

    Ride OnDemandというサービスを利用すると、コミュニティバスを呼ぶことができます。

     

     

     

    お金の管理

     

    主な支払方法はクレジットカード。現地の物価は高いため、日本から買って持っていけるものがあれば、持参した方がいいと思う。外食は1食2,000~3,000円しました。

     

     

     

    この大学への留学を希望する人へのアドバイス

     

    とても自然が豊かな場所で、学内で野生の鹿を見ることが出来ます。とてもやさしい人が多い印象です。バスの運転手は陽気な人が多かったです。

     

    学内で行われるイベントも多く、9月には音楽フェスがありました。

     

    No frillsは比較的に安いスーパーで、大学内にあるTim Hortonsはリーズナブルなカフェでベーグルが美味しかったです。

     
     
    ページトップへ
    • YouTube チャンネル
    • 進学説明会
    • 長崎大学多文化社会学部・研究科 パンフレットダウンロード
    • 留学について
    • 「国際学寮ホルテンシア」について
    • 卒業後の進路
    • KEY Program
    • 長崎大学多文化社会学部・研究科 Twitter
    • 長崎大学多文化社会学部・研究科 Instagram