学部紹介

    カリキュラム

    カリキュラムマップ

    カリキュラムマップ

    カリキュラム概要

    多文化社会学部のカリキュラムは、主に以下の科目群から成り立っています。

    学部モジュール

    1年次に受講する必修科目。世界の諸地域に生起する多文化社会の諸問題と、専門学問分野の基礎を学びます。

    基礎講義

    既存の学問分野の特質を十分に理解した上で、その枠を越えて領域横断的に多文化社会の諸相にアプローチするための基礎的視角と枠組みを身につけます。

    専門講義

    5 つのコースごとに専門分野の理解を深めます。オランダ特別コースでは、ライデン大学への留学が必須。
    ライデン大学では学生の関心と将来計画に即した講義を受講し、ヨーロッパ単位互換制度(ECTS)に準拠したグローバルな専門知識と技能を身につけます。

    リサーチ科目、フィールドワーク

    自ら立てた問いに対して、学術的に探究して発表する能力を身につけます。
    「フィールドワーク実習」では、国内外での実習を通じて、様々な課題を発見・整理し、 多様な背景をもった人々とのコミュニケーションを通じて、高い問題解決能力を涵養することを目指します。

    中国語モジュール

    世界で必要性が増している中国語を学びます。
    最終的には中国語によるプレゼンテーションができるレベルの力を身につけます。

    英語モジュール

    英語の仕組みから発音法、リーディング、ライティング、ディスカッション、 ディベートまで学び、高度な英語力の習得を目指します。

    海外留学

    短期留学は、主として1年次の学生全員を対象としています。英語能力の向上と異文化交流への関心を高めることを目的に3~4週間程度、 ホームステイや現地学生との交流を経験しながら、海外大学との連携に基づくサマープログラム等に参加します。
    中期・長期留学は、語学力の向上にとどまらず、学部で学んだ専門知識を土台として、留学先において更に専門性を深めることを目的として 半年から1年間留学します。なお、「オランダ特別コース」の学生は1年間のオランダ留学が必修であり、 その他のコースの学生にも中期・長期留学を強く推奨しています。

    ページトップへ

    • 日本語版パンフレット
    • 学生宿舎のご案内
    • 英語カフェのご案内
    • 学外試験場のご案内
    • 批判的・論理的思考力テスト(総合問題)出題例
    • 留学について
    • 卒業後の進路
    • Catch Up!多文化

    ページトップへ