学部紹介

    共生文化コース

    共生文化コース

    思想、文化表象、メディア、言語等の面から、多文化共生社会の基礎となる言語や文化の重要性を学びます。中国語のコミュニケーション能力も高め、アジア諸国等との文化交流のシーンにおいて活躍できる人材を育成します。

    コースの特色

    共生文化コースでは、思想、宗教、表象、メディア、歴史等の面から共生社会の基礎となる文化の重要性を、思想史、宗教学、文化研究、歴史学等を通して学びます。
    世界がグローバル化すると、多様な文化的背景をもつ人々が同じ空間の中で出会い、共生する機会が増えます。そこでは、互いの文化についての深い知識と共感が必要です。このコースでは、思想、宗教、表象、メディア、歴史等を関連づけながら学び、他者との共生をより豊かなものにするための人間観、文化理解を探究します。
    カリキュラムは、アジアや日本の文化についても深く学べるように設計しています。異なる文化だけではなく、自らの文化を相対化して理解することができる、多文化社会で求められる真のグローバル人材を育成します。

    講義科目

    ■日本思想史
    ■中国思想史
    ■宗教文化論
    ■記憶文化論
    ■文化表象論
    ■映画論
    ■メディア・スタディーズ
    ■地域史料論
    ■陶磁考古学
    ■グローバル文化交流史
    ■社会史
    ■文化資源論
    ■イギリス文学論
    ■異文化間コミュニケーション
    ■英米文学概論
    ■日本語学

    ※科目名称は変更する場合があります。
    ※青字は複数コースにまたがる専門講義科目

    在学生の声

    岡田 淳希(4年)

    【文化表象論】

    私たちの日常生活は、「表象」されたもので溢れているのです。

    重山 千夏(4年)

    宮崎県立宮崎大宮高等学校出身
    留学先:マレーシア/テイラーズ大学

    この講義では、「文化」のなかにおける「表象」というプロセスに焦点を当てていきます。
    「表象」とは、いま‐ここに存在しないものを描き出すことを指します。一見難しく思えますが、 「表象」は映画や新聞といったメディア、そしてインタビュー調査や口述史などの学問分野だけでなく、自分が体験した出来事を友達に話すといった日常的なことも含むため、とても身近なものでもあるのです。
    講義の中では、実際に、映画や小説などの分析を行っていくため、これまで観ていた作品が全く違った表情で見えてくる楽しさを味わうことができます。こうして、自分の常識を覆すような新たな知見に出会えることが、大学における学びの醍醐味ではないのかと思います。

    UP
    • 日本語版パンフレット
    • 学生宿舎のご案内
    • 英語カフェのご案内
    • 学外試験場のご案内
    • 批判的・論理的思考力テスト(総合問題)出題例
    • 留学について
    • 卒業後の進路
    • Catch Up!多文化