学部紹介

    言語コミュニケーションコース

    言語コミュニケーションコース

    多文化社会における言語の個別性と普遍性及び言語と文化の関わりについて、言語学、文学、異文化研究を通して学びます。欧米や中国語圏の文化についても見識を深めることで、多文化が交錯する現代社会において、適切に言語運用ができる人材を育成します。

    谷川 晋一  准教授

    【対照言語学(日英)】

    言語の個別・普遍性を論理的に考察し
    鋭い言語感覚を身につけましょう。

    谷川 晋一 准教授

    日英語を比較考察することにより、それぞれの言語がどのような特徴を持つかという個別性に加え、言語一般に当てはまる仕組みや法則という普遍性について学びます。日英語は、語順など多くの面で特徴が異なりますが、共通の構文や現象も存在します。 それらを、形式、文法、意味の観点から考察し、日英語の相違点及び共通点について言語理論にも目を向けながら議論を行います。単に言語事実を知るだけでなく、「なぜ相違性や共通性が存在するのか」という問いに向き合うことで、言語事実を論理的に分析する力も養います。
    言葉は、社会を映し出す鏡です。多文化社会で活躍するには、言語の特徴を踏まえ、場面に応じて適確に言語を運用する力が求められます。論理的観点から日英語を考察することで、言語感覚を磨いてください。

    コースの特色

    言語コミュニケーションコースでは、多文化社会における言語の個別性と普遍性、及び言語と文化の関わりについて学びます。
    日本語、英語、中国語に焦点を当てながら、言語を体系的にとらえ、コミュニケーション活動にとって不可欠な言語のしくみと機能を適切に理解する人材を養成します。
    なお、このコースにおいて、教育職員免許状取得に必要な単位(教育実習を含む)をすべて修得した場合、卒業時に高等学校教諭一種免許状(英語)を取得することができます。また、このコースを選択した場合、日本語教員基礎資格が取得しやすくなります。
    【当該免許状の取得と中長期留学の両方を希望する場合】
    ・2年次後期に半年間の中期留学をし、残りの2年間で免許状の取得に必要な科目の単位を取得する方法
    (4年間で卒業)
    ・3年次以降に半年から1年間の中長期留学をし、帰国後に必要な科目の単位を取得する方法
    (5年間で卒業)
    のいずれかを選択する必要があります。

    講義科目

    ■異文化理解教育
    ■異文化と家族
    ■異文化交流論
    ■アメリカ文学論
    ■異文化間コミュニケーション
    ■英語音声のしくみと働き
    ■英米文学概論
    ■応用言語学
    ■現代言語理論
    ■コーパス言語学
    ■対照言語学(日英)
    ■対照言語学(日中)
    ■第二言語習得論
    ■日本語学

    ※科目名称は変更する場合があります。
    ※青字は複数コースにまたがる専門講義科目

    在学生の声

    古閑原 あずさ(4年)

    ことばの中に
    文化を探究

    古閑原 あずさ(4年)※2019年度現在

    熊本県立玉名高等学校出身
    留学先:オーストラリア/サザンクロス大学

    一見同じ内容に見える文が、語順が変われば意味や強調したい部分が変化する。これまで漠然と捉えていた文法や語彙を、大学での言語学の講義を通してより具体的に理解するようになりました。
    特に印象に残っている講義の一つが「応用言語学」です。本講義では、幼児や非英語母語話者が英語を習得する過程と、そこで起こしやすい間違いなどについて学びます。そこから外国語の効果的な教授法を考察するなど、社会や教育の分野に応用させる点がこの講義の魅力です。講義を通して、英語教育や第二言語習得への関心を持つようになりました。
    また、英語圏での長期留学を経験し、ことばのニュアンスや表現が感覚的に身についたことは大きな収穫だと思います。同じ英語一つをとっても国や地域によって特徴があり、語彙や表現が変わる面白さがあります。
    卒業研究では、オーストラリア英語の語彙的特徴を研究テーマに、ことばとその背景に込められた文化や社会を考察する予定です。

    在学生の声(2018年度)

    梶原 沙稀(4年)

    ことばの中から見える世界

    梶原 沙稀(4年)

    福岡県立春日高等学校出身
    留学先:アメリカ/ノーザン州立大学

    大学に入って興味深いと感じた授業の一つが「英語の仕組みと意味」でした。そこで前置詞一つ一つのもつ核となるイメージを学んだことが、とても印象に残りました。高校までの勉強では、教科書や参考書通りに一つの表現を一つのものとして暗記していましたが、この授業を通して英単語の持つ意味とニュアンスをしっかりとらえることで、同じような英文も状況によって使い分けられるということを理解できたからです。このような言語の仕組みに強く興味をもち、言語学のゼミを選択しました。
    卒業研究では、英語の映画をもとにネイティブスピーカーの用いる言い回しや日本語字幕に注目し、そこに含意されている意味や背景について分析してみたいと考えています。将来的には、この学部で学んだ言語や異文化に関する知識を生かしながら、日本に滞在する外国の方と積極的に関わるような仕事に就きたいと考えています。

    在学生の声(2017年度)

    篠崎 碧(4年)

    【異文化間コミュニケーション】

    日常や自分の立ち位置を見直すことが大事です。

    篠崎 碧(4年)

    長崎県・長崎日本大学高等学校出身
    留学先:イギリス/キール大学

    この講義は異文化を持つ者同士が接触した際に起こりうる摩擦を前提とした授業です。全て英語で行われます。不安に思う人もいるかもしれませんが、心配しないでください。1年生からの講義で、受講できるだけの英語は身についているはずです。より英語の使用にも自信が持てるのではないでしょうか。
    講義では、教科書として使われているテキストはもちろんのこと、グループワークやプレゼンテーションなどを通して、どのような場面で摩擦や衝突が起こりうるのかを学んでいきます。他文化を学ぶというより、衝突が起こった事例をもとにディスカッションなどをすることにより、自文化のことを見つめ直すきっかけにもなります。衝突や摩擦を受け入れ、自分の立ち位置を見つめることでそこからまた新しい異文化との交流の道が拓けていくように思います。

    UP
    • 本学教員による学問のミニ講義
    • 進学説明会
    • 長崎大学多文化社会学部・研究科 パンフレットダウンロード
    • 留学について
    • 「国際学寮ホルテンシア」について
    • 卒業後の進路
    • 英語カフェのご案内
    • ライティングセンター