学部・研究科からのお知らせ

    TOEFL ITP オンライン学習9月集中講座を実施しました

    2022/09/27 KEY Program

    多文化社会学部のKEY Programでは、高度な英語力、学術的な英語力を養成するために、定期的にTOEFL ITPサポートを行います。2022年9月6日(火)から9月8日(木)までの3日間、「オンラインTOEFL ITP集中講座」を実施しました。コーチングフェローは多様なツールを利用して、リスニング、文法・構文、リーディングの各セクションに関する概要や受験対策を説明して、指導を提供しました。

     

    参加学生からは以下のようなコメントが寄せられました:

    「どの先生も丁寧で優しく、良い意味で気を張り過ぎずに授業に参加できるのが嬉しいです。」

    「解答解説が、生徒の正答率からしっかり説明すべきところはCFの先生たち自身も納得できるまで丁寧に説明してくださった点。」

    「During the three sessions, I enjoyed some games. I want to study English harder.」

     

    9月末から、隔週オンラインTOEFL ITP対策セッションを開催します。より特定的な練習をするので、TOEFL ITP試験の点数を向上したい皆様ぜひ参加してください。

     

    今後のコミュニケーション・コーナーのイベントについて(ポスター)

    海外留学・体験談の説明会を実施しました

    2022/04/22 KEY Program

    2022年4月22日(金)17:30~18:30に、多文化社会学部の学生を対象に留学説明・体験談の説明会を実施しました。

    前半に日本英語検定協会の平様よりIELTSの受験についてご説明を頂いた後、留学先から戻って来られた中村楓さんと本多奈和さんに留学の体験談を話して貰いました。

     

     

    留学体験談】多文化社会学部4年 本多 奈和さん

    「ドキュメンタリーを制作したい!!」その思いで映像ジャーナリズムを学ぶことができるイギリスに、留学をしました。すべての授業がグループワークだったため、現地の学生とのチームワーク力、問題解決方法などを学ぶ機会となりました、友達にも恵まれ、授業、サークル、寮、パーティー、教会とさまざまな環境で繋がりました、
    クリスチャンファミリー宅にホームステイさせていただき、本場のクリスマスを味わう体験もできました。
    キール大学の教授と学生の距離が近いのも、多文化社会学部と似ていてすごくよかったです。

     

    留学体験談】多文化社会学部4年 中村 楓さん

    海外留学中は、普段の授業や生活の中で、様々な国の人と接することができました。話題によっては相互理解の難しさを感じることもありましたが、どうすれば人間関係をうまく構築すべきかについて考える良い機会となりました。
    現地の授業では、教授や友人に助けてもらいながら、毎日精力的に勉強していたことはもちろんですが、友人と様々な場所に出かける時間も大切にしました。
    今まで触れたことのない歴史や文化を学べたことやかけがえのない友人ができたことが、私の一番の財産です。

     

     

     


    UP
    • YouTube チャンネル
    • 進学説明会
    • 長崎大学多文化社会学部・研究科 パンフレットダウンロード
    • 留学について
    • 「国際学寮ホルテンシア」について
    • 卒業後の進路
    • KEY Program
    • 長崎大学多文化社会学部・研究科 Twitter
    • 長崎大学多文化社会学部・研究科 Instagram