学部紹介

    教員紹介

    河村 有教

    “Good Law”による“Right Law”の推進をはかる

    河村 有教(かわむら・ありのり)
    愛知県生まれ。立教大学法学部卒業、神戸大学大学院法学研究科博士課程修了。博士(法学)。専門は刑事法、アジア法・アフリカ法、海上保安法制。神戸大学助教、海上保安大学校専任講師・准教授を経て、2020年4月より長崎大学大学院多文化社会学研究科・多文化社会学部。

    Q.ご自身の研究を紹介してください。
    多元的な法秩序の中で、「人権」の保障と「ジェンダー」平等、「自由」で「平和」な社会の実現や維持に向けて
    刑事手続を中心に、懲戒処分手続やハラスメント手続等の不利益な処分がかされる手続きや事故調査手続、死因究明手続やCDR(チャイルド・デス・レビュー)手続に関するルール(手続法)の研究を進めています。「手続き」は、人権が十分に保障されたルールに則って、公正、適正な手続きのもとに、調査が行われ、適正な「裏付け」によって事実が確定され、そのうえで法的評価がなされなければなりません。人しだいの(裁量的)手続きにならないように、「良きルール(法)」とは何か、さらには、公正、適正な手続きが担保される「良き制度」になるように、その国の政治体制、文化、社会を十分に理解、観察しながら、問題点(課題)を提示し、解決策を考えています。
    また、日本法についてより深く理解するために、似ているところもあれば全く異なるところもあるアジア法(中国法・台湾法・香港法・韓国法等)やアフリカ法等の非西洋の法について、文化、社会、開発との分析を通して研究しています。

    【PHOTO】オーストラリアビクトリア州(メルボルン)のコロナー・コート(Coroner’s Court)

    Q.どのような授業になりますか。
    専門科目「国際人権論」,「ジェンダーと人権」,「平和学」
    人権侵害やジェンダー問題を中心とする、国内および国際社会で発生している問題に対して、法学の知識や法学の分析手法(アプローチ)から問題解決の糸口を見つけ出すことをねらいとします。グローバルな視点(国際法)とローカルな視点(国内法)の二つの視点から学習する必要があります。とりわけ、各国の国内法で保障している人権の内容は、その国の政治、文化、宗教と深く関わるものであり万国共通のものではありません。多角的な法学の分析手法そして国際法及び各国国内法の視点から、多文化社会における人権の保障のあり方、人権侵害が生じた際の解決法について学習します。

    【PHOTO】台湾ゼミ旅行での刑務所見学

    Q.メッセージをお願いします。
    「法学(法律学)」という枠からを広げて、新しい学問としての「多文化社会学」の可能性に興味を抱いて令和2年4月に着任しました。「人権(人身の自由とデュー・プロセス)」、「ジェンダー」、「平和」という3つの大きなテーマを中心に、アジア法・アフリカ法の非西洋法の学問的発展を期待しています。
    最初は英語や欧米諸国に関心を持ち、高校でオーストラリアに1年間交換留学しました。その際に、韓国人やタイ人等、アジアの国の友人らと出会いました。アジアに関心を持つきっかけとなり、大学では韓国に1年間交換留学し、大学院では2年間中国で在外研究をしました。アジアを理解することは日本を理解することにも繋がります。国家法一元主義の西洋に対して、アジア法やアフリカ法(非西洋法)の特徴の一つは、法が多元的であることです。多元的な法体制(legal pluralism)におけるアジア法、アフリカ法の「法の支配」の問題や法と文化・社会・開発との分析に関心がある学生を歓迎します。
    13年にわたって、戦艦大和で有名な広島県呉市にある海上保安大学校(海上保安官の幹部養成校)で、実務を十分に観察し、実務と理論を架橋しながら、学生や現場の海上保安官に刑事訴訟法の教育を行ってきました。国家(立法・行政・司法)の権力の濫用を規制するのが法定手続きの保障(due process of law)です。すべての人が「自由」で「平和」に暮らせるように、「人権」保障のあり方や「平和」の構築・維持のあり方について一緒に考えていきましょう。

    【PHOTO】平和の探求

    ⇒一覧に戻る


    UP
    • 本学教員による学問のミニ講義
    • 進学説明会
    • 長崎大学多文化社会学部・研究科 パンフレットダウンロード
    • 留学について
    • 「国際学寮ホルテンシア」について
    • 卒業後の進路
    • 英語カフェのご案内
    • ライティングセンター