研究活動

    研究教育イベント

    2016年度(平成28年度)の研究教育イベントです。

    多文化社会学研究会「東アジア海域から眺望する世界史」

    開催日:2017年3月7日(火)
    講演:
    鈴木英明(長崎大学)「趣旨説明:東アジアから眺望する世界史」
    中島楽章(九州大学)「ポルトガル人のインド到達と中国情報」
    向正樹(同志社大学)「モンゴル治下中国東南沿海部におけるホラズム遺民」
    伊川健二(成城大学)「中国島嶼部交易の平和と戦争」
    山内晋次(神戸女学院大学)「海を渡る硫黄-14〜16世紀の日本・朝鮮・琉球・明-」
    野上健紀(長崎大学)「アジアの海を越えた陶磁器」
    四日市康博(昭和女子大学)「ユーラシアからみた獅子・狛犬文化—宋風獅子を見直す」

    写真展&ギャラリートーク「It’s Zanzibar Style!」

    開催日:2016年11月1日~14日
    場所:長崎大学附属図書館
    (主催:多文化社会学部アフリカハウス)
    ▼イベントの様子

    多文化社会学部シンポジウム「21世紀の「難民問題~人道危機への向き合いかたを考える~」

    開催日:2016年10月22日(土)
    場所:長崎大学文教キャンパス・スカイホール
    基調講演:
    内藤正典(同志社大学)「難民・内戦・テロ―全てがつながる時代に共生を考える」
    宇野昌樹(広島市立大学)「シリア内戦―難民問題再考」
    眞城百華(上智大学)「地中海を渡るアフリカ難民の検討―アフリカの角の事例から」
    ディスカッサント 近江美保(長崎大学)

    多文化社会学研究会・講演会 「グローバル世界をつなぐ長崎・中国~記憶の共同体を目指して~」

    開催日:2016年10月21日(金)
    場所:長崎大学文教キャンパス・スカイホール
    講演:
    入江 昭(ハーバード大学名誉教授,アメリカ歴史学会元会長)「グローバル・ヒストリーのなかの長崎」
    平野 健一郎 (東京大学・早稲田大学名誉教授 東洋文庫常務理事)「国際文化関係史と長崎・平戸」
    李 廷江 (中国清華大学日本研究中心教授,日本中央大学教授)「長崎と中国、孫文を中心に」

    ポレポレツアー&ライブ2016 長崎

    開催日:2016年10月12日(水)、13日(木)
    (主催:多文化社会学部アフリカハウス、日本アフリカ学会九州支部)
    10月12日(水)
    講演:永遠瑠マリールイズ(ルワンダの教育を考える会)
    演題:「ルワンダの悲劇から学んだこと~命の尊さ、教育と平和の大切さ~」
    10月13日(木)
    トーク:早川千晶(マイシャ・ヤ・ラハ基金)、永遠瑠マリールイズ(ルワンダの教育を考える会)
    演題:「アフリカの教育と未来~ケニアとルワンダから~」
    演奏:大西匡哉

    第1回多文化社会学研究会

    開催日:2016年7月6日(水)
    講演:清水展(京都大学)
    演題:「産みの苦しみとしての自然災害:西部ルソン先住民アエタの新生と創造的復興」

    日中社会学会第28回大会

    開催日:2016年6月4(土)、5日(日)
    場所:長崎ブリックホール

    第11回うらかみロンド

    開催日:2016年5月24日(火)
    発表者:牛久晴香(多文化社会学部コーチングフェロー)
    演題:「ガーナ北東部の輸出向け手工芸品取引にみられるローカルな「社会規範」」

    UP
    • YouTube チャンネル
    • 進学説明会
    • 長崎大学多文化社会学部・研究科 パンフレットダウンロード
    • 留学について
    • 「国際学寮ホルテンシア」について
    • 卒業後の進路
    • 英語カフェのご案内
    • ライティングセンター