重点研究課題 【イベント】

    公開シンポジウム「日中文化交流史における長崎の意義 「アジア共同体」形成の可能性をめぐって」

    2020/01/27

    主催:ワンアジア寄附講座「アジア共同体論」、長崎大学多文化社会学部学部長裁量経費プロジェクト「近代日中文化交流史における長崎の意義に関する学際的研究」
    共催: 長崎大学重点研究課題「「リスク社会」を生き続けるための人文社会科学の超域的研究拠点形成」
    日時:2020年2月5日(水)12:50〜16:00
    会場:長崎大学 総合教育研究棟3F 多文化32

     

    劉建輝(国際日本文化研究センター副所長)「支え合う日中二百年:文化史からみるもう一つの両国関係」
    原田博二(元長崎市立博物館長)「日中の架け橋唐通事」
    若木太一(長崎大学名誉教授)「橋を架けた人々ー『長崎先民伝』に学ぶー」
    南誠(長崎大学准教授)「長崎と「満洲」の関係」
    総合討論者:王中忱(中国清華大学・教授/国際日本文化研究センター・外来研究員)

    ⇒一覧に戻る

    UP
    • YouTube チャンネル
    • 進学説明会
    • 長崎大学多文化社会学部・研究科 パンフレットダウンロード
    • 留学について
    • 「国際学寮ホルテンシア」について
    • 卒業後の進路
    • 英語カフェのご案内
    • ライティングセンター