大学院の紹介

    学位論文審査基準(博士前期課程)

    学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、学位論文の審査基準を次のとおり定める。

    1.審査体制

    学位論文の審査及び最終試験は、主査1名、副査2名以上の計3名以上からなる学位審査委員の合議により行う。

    2.審査方法・評価及び審査項目

    学位審査委員は、以下の審査項目を基に論文審査及び最終試験を行い、AA(90点以上)、A(80点以上)、B(70点以上)、C(60点以上)、不可(59点以下)で評価する。
    なお、論文審査及び最終試験は、論文審査出願者ごとに発表及び口頭試問により行う。

    【審査項目】

    (1)研究目的・テーマ・課題設定の明確性及び適切性
    研究目的・テーマ・課題設定が明確、かつ適切になされていること。

    (2)先行研究・資史料の取り扱いの適切性
    先行研究の十分な知見を有し、立論に必要なデータや資史料の収集が適切に行われていること。

    (3)研究方法・分析手法の適切性
    研究方法・分析手法が、データ、資史料、作品、例文などの処理・分析・解釈の仕方も含めて、適切かつ主体的に行われていること。また、先行研究に対峙し得る発想や着眼点があり、それらが一定の説得力を有していること。
    ※研究計画の立案及び遂行、研究成果の発表、データ等の保管に関して、必要な倫理的配慮がなされていること。

    (4)論旨の明確性・構成の適切性
    論旨が一貫しており、設定した課題に対応した明確かつ論理的な結論が提示されていること。また、文章全体が確かな表現力によって支えられており、要旨・目次・章立て・引用・注・図版等などの体裁が整っていること。

    学位論文等一覧

    2019年度(2020年3月) 修了者

    【多文化社会学専攻】

    氏名 論文題目及び論文内容の要旨 論文審査委員
    川添 明子 中学校期における英語発信能力の育成 ―英作文表現の効率化に向け、語彙がもつ「コア・イメージ」を活かした語彙指導・文法指導の実践― 西原 俊明
    (研究指導・主査)
    副田 麻由美 Task-based language teaching(TBLT) を通してどこまで格助詞「に」「で」の習得にせまれるか 西原 俊明
    (研究指導・主査)
    安部 健太朗 Examining the Impact of Watching English Videos with Bilingual Subtitles on Japanese University Students’ L2 English Vocabulary Pino Cutrone
    (研究指導・主査)
    橋場 紀子 韓国人被爆者:「語り」から見る社会的被害の特徴分析 鈴木 達治郎
    (研究指導・主査)
    立石 丞 北東アジアにおける非核化と日本の安全保障―日米同盟の視点からみた「朝鮮半島の非核化」と「北東アジア非核兵器地帯」の比較考察― 吉田 文彦
    (研究指導・主査)
    羅 小雲
    (Luo Xiaoyun)
    中国の大学での日本語学習者の「言いさし文」の使用状況に関する研究 ―日本人学生との対照を通してー 原田 走一郎
    (研究指導・主査)
    楊 航
    (Yang Hang)
    中日単母音の音声学的比較研究 楊 暁安
    (研究指導・主査)
    季 嘉玥
    (Ji Jiayue)
    在日華人子女に対する中華文化の教育と伝承に関する研究 ―長崎における華人子女を対象に― 王 維
    (研究指導・主査)
    Prasol Yevheniia Literary Representations of Japan in the Works of Haruki Murakami and David Mitchell 鈴木 章能
    (研究指導・主査)

    UP
    • 本学教員による学問のミニ講義
    • 進学説明会
    • 長崎大学多文化社会学部・研究科 パンフレットダウンロード
    • 留学について
    • 「国際学寮ホルテンシア」について
    • 卒業後の進路
    • 英語カフェのご案内
    • ライティングセンター