留学プログラム

    多文化社会学部では、短期留学、中期・長期留学および海外フィールドワークを実施し、さまざまな形で学生を海外に派遣します。

    短期留学

    短期留学
    短期留学は、主として1年次の学生全員を対象としています。英語をはじめとする外国語能力の向上と異文化交流への関心を高めることを目的として数週間程度、海外大学との提携に基づくスプリングプログラム、サマープログラム等の海外大学との提携プログラムに参加します。
    短期留学は、長崎大学の教養教育科目の一部である外国語科目として単位認定されます。

    ▲ページ上部へ

    中期・長期留学

    中期・長期留学
    多文化社会学部では、中期・長期留学として、「グローバル社会コース」及び「オランダ特別コース」を選択した学生に半年から1年間の留学を原則として義務付けます。また、他のコースを選択した学生にも、中期・長期留学を推奨します。中期・長期留学は、学部で学んだ専門知識を海外において更に展開し、短期留学では得難い自立した生活者としての体験を通して自己認識を深めることを目的としています。中期・長期留学は全て、大学間の学術交流協定に基づく交換留学として実施され、学生は本学の学費を納入し、在学したまま留学することになります。留学するためには、英語力および学業成績に関する一定の要件を満たすことが必要です。
    英語力については、IELTS 6.0又はTOEFL PBT550点(iBT79点)以上の取得を原則必須とします。そのために留学に必要なスコアの早期取得に向けた夏期集中講座等を開講します。中期・長期留学から帰国した後には、留学先の大学及び本学部のシラバスの内容・レベルに基づいて、各学生の留学先における成績について、科目ごとに審査した上で単位認定をします。

    ▲ページ上部へ

    海外フィールドワーク実習

    海外フィールドワーク実習
    海外フィールドワーク実習はフィールドワークモジュールの選択科目で、中期・長期留学に準じるものとして実施されます。
    アジアやアフリカからフィールドを選定し、他者と出会い、相互作用する中で、グローバル時代の社会人として必要なコミュニケーション能力を高め、同時に専門的な学びを実現することができます。

    ▲ページ上部へ

    留学サポート体制

    多文化社会学部では原則的にすべての学生が留学プログラムに参加します。海外留学に伴うリスクを最小限にするために、学生の安全確保に対して十分配慮したプログラムを設計しています。学生が海外留学に出かける前には複数回のオリエンテーションを実施しています。留学中は、担当教員が随時電子メール等で学生の相談に応じるほか、適宜、留学先を訪問し、学生の留学生活を視察や相談、指導を行います。また留学中は、本学部の教員と留学先の担当者とで密に連絡を取り合い、学生の状況を把握するとともに、情報を共有することで学部内での啓発推進体制を整えています。平成26年度に実施した海外短期研修では教職員が一部の旅程を引率しています。

    ▲ページ上部へ

    学生の国際交流に関する危機管理対応マニュアル

    ▲ページ上部へ

    ページトップへ

    • 日本語版パンフレット
    • 英語版パンフレット
    • 学生宿舎のご案内
    • 英語カフェのご案内
    • 学外試験場のご案内
    • 批判的・論理的思考力テスト(総合問題)出題例
    • 留学について
    • 卒業後の進路

    ページトップへ