Q&A -入試について-

    GTEC(4技能版)1140点が英語資格の要件にあるが、こちらはAdvancedでも問題ないか。

    advancedでも問題ありません。Core、Basic、Advanced、CBTがありますが、利用可能なものは得点が1140点を超えることができるAdvancedとCBTの2つです。

    一般選抜の学外試験場について教えてください。

    令和4年度入試(令和3年度実施)については、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、学外試験場を設置いたしません。令和5年度入試以降の学外試験場設置の有無については、現時点では未定です。

    オランダ特別コースに出願し,不合格となった場合,他のコースへのスライド合格などはできますか?

    出願時に希望したコースを不合格になった場合,その他のコースに合格することはありません。

    大学入学共通テストの「地歴及び公民から1科目」、「数学及び理科から1科目」については、第1解答科目の利用ですか、それとも高得点の科目の利用ですか。

    地歴・公民を2科目受験している場合は、第1解答科目を採用します。数学及び理科を複数科目受験している場合は、高得点科目を採用します。ただし、理科については「第2解答科目」は採用しません。

    詳細については、6月下旬発表の入学者選抜要項(大綱)及び11月下旬発表の一般選抜募集要項でご確認ください。

    学校推薦型選抜、総合型選抜、社会人選抜は実施されますか。

    総合型選抜Ⅰ及び帰国生徒選抜を実施します。入試の詳細については、多文化社会学部HPの「受験者の方へ」及び長崎大学入試情報サイトに掲載しておりますので、そちらをご確認ください。

    なお、学校推薦型選抜及び社会人選抜は実施されません。

    また、日程等の詳細については、6月下旬発表の入学者選抜要項(大綱)及び総合型選抜募集要項、9月上旬発表の帰国生徒選抜募集要項でご確認ください。

    一般選抜において、外国語検定試験利用者は、大学入学共通テストの外国語の点数を満点換算するとしていますが、具体的に何の外国語検定試験が利用できますか。

    利用できる外国語検定試験のスコア・級については、以下の通りです。

    TOEFL iBT(Special Home Edition 及び Home Edition を含む。)61点以上、TOEIC L&R730点以上、TOEIC L&R+TOEIC S&W1000点以上、実用英語技能検定(英検、英検CBT又は英検S-CBT) 準1 級以上、IELTS5.5 以上、GTEC(4技能版)1140点以上又はTEAP334点以上の、いずれかのスコア・級が利用できます。

     

    なお、最新の情報は、6月下旬発表の入学者選抜要項(大綱)及び11月下旬発表の一般選抜募集要項でご確認ください。

    多文化社会学部では、大学入学共通テストの外国語の得点率が前期日程においては75%以上(後期日程においては80%以上)の者を入試選抜対象とすると伺ったのですが、それはリーディング100点満点+リスニング100点満点の200点満点の75%ということでしょうか。

    大学入学共通テストの外国語の配点は200点満点となっており、英語の場合、リーディング(100点満点)+リスニング(100点満点)の得点を本学が指定する配点比率に応じて200点満点に換算します。ドイツ語、フランス語、中国語及び韓国語の場合はリスニングがないため、得点をそのまま利用します。換算後の得点が配点(200点満点)の75%以上の者を前期日程の第1段階選抜の合格者、80%以上の者を後期日程の第1段階選抜の合格者とします。

     

    ※本学における大学入学共通テストの外国語(英語)の配点(200点満点)は、リーディング(160点満点)、リスニング(40点満点)の4:1の比率とします。

     

    ただし、大学入試センターが発表する大学入学共通テスト(本試験)平均点(中間集計)における英語の平均点(リーディングとリスニングの平均点を本学が指定する配点比率に応じて200点満点に換算)を考慮して、第1段階選抜合格の得点率(英語に限る。)を引き下げる事があります。

     

    なお、得点率の見直しの有無及び見直し後の得点率は、令和4年1月21日頃に長崎大学ホームページ(入試情報サイト)で発表します。

     

    詳細については、6月下旬発表の入学者選抜要項(大綱)及び11月下旬発表の一般選抜募集要項でご確認ください。

    大学入学共通テストの外国語(英語)の平均点が低かった場合は、第1段階選抜の合格ラインが下がることはありますか。

    大学入試センターが発表する大学入学共通テスト(本試験)平均点(中間集計)における英語の平均点(リーディングとリスニングの平均点を本学が指定する配点比率に応じて200点満点に換算)を考慮して、第1段階選抜合格の得点率(英語に限る。)を引き下げる事があります。

     

    ※本学における大学入学共通テストの外国語(英語)の配点(200点満点)は、リーディング(160点満点)、リスニング(40点満点)の4:1の比率とします。

     

     なお、得点率の見直しの有無及び見直し後の得点率は、令和4年1月21日頃に長崎大学ホームページ(入試情報サイト)で発表します。

    外国語検定試験利用者は、大学入学共通テストの外国語の点数を満点換算するのであれば、大学入学共通テストの外国語を受験しなくてもいいですか。

    本学部が指定する大学入学共通テストの教科・科目を全科目受験していなければ、受験資格がありませんので、外国語を含む指定の教科・科目を全科目受験してください。

    なお、外国語検定試験利用者が仮に外国語の科目で第1段階選抜の合格ラインを下回る点数であったとしても、不合格として扱いません。また、年によって変動はありますが、例年2割~4割程度の学生が外国語検定試験を利用しています。

    一般選抜における個別学力検査等の教科・科目を教えてください。

    前期日程においては、外国語(英語)と批判的・論理的思考力テスト(総合問題)と面接(オランダ特別コースのみ実施)、後期日程においては、小論文とペーパー・インタビューです。

    詳細については、6月下旬発表の入学者選抜要項(大綱)及び11月下旬発表の一般選抜募集要項でご確認ください。

    また、このHPに批判的・論理的思考力テスト(総合問題)の過去問と出題例を掲載しておりますので、次のURLでご確認ください。

    http://www.hss.nagasaki-u.ac.jp/exam/data.html

    一般選抜における大学入学共通テストの利用教科・科目を教えてください。

    前期日程おいては、「国語」、「外国語」、「地歴及び公民から1科目」、「数学及び理科から1科目」 の4教科4科目です。後期日程においては、「国語」、「外国語」、「地歴及び公民から1科目」の3教科3科目です。

    詳細については、6月下旬発表の入学者選抜要項(大綱)及び11月下旬発表の一般選抜募集要項でご確認ください。

    一般選抜前期日程の「批判的・論理的思考力テスト」とは、どのようなものですか。

    11月下旬発表の一般選抜学生募集要項でご確認ください。

    また、このHPに批判的・論理的思考力テスト(総合問題)の出題例及び過去問を掲載しておりますので、次のURLでご確認ください。(http://www.hss.nagasaki-u.ac.jp/exam/data.html


    UP
    • YouTube チャンネル
    • 進学説明会
    • 長崎大学多文化社会学部・研究科 パンフレットダウンロード
    • 留学について
    • 「国際学寮ホルテンシア」について
    • 卒業後の進路
    • 英語カフェのご案内
    • ライティングセンター