学部からのお知らせ

    遠くアフリカに渡った日本製タイルを発見しました。

    2017/11/22 トピックストピックス

     

     昨年に続き、今年も海外フィールドワーク実習のため、2017年9月3日から9月28日にかけて、9名の学生が東アフリカのザンジバルに出かけました。引率した増田研准教授は、その学生たちの指導のかたわら、ザンジバルと日本の物質的交流の可能性があるものとして、タイルに着目し、現地の骨董店で日本製の「マジョリカタイル」を見つけました。そして、帰国後、さらに調査を進めた結果、それらの一部が兵庫県の淡路島で焼かれたものであり、日本とアフリカの貿易関係を示す貴重な資料であることが判明し、新聞にも大きく取り上げられました。詳細は、新聞記事(毎日新聞2017年11月6日付、PDF 1MB)をご覧ください。

     

     

     

    長崎県・福建省友好県省締結35周年記念講演会「連綿と続く長崎と中国の絆」

    2017/11/10 トピックストピックス

    日中国交正常化45周年及び長崎県・福建省友好県省締結35周年を記念し、長崎と中国、とくに福建省との交流の歴史や華僑との関わりなどを紹介する講演会を開催いたしますので、お知らせします。

     

    ・日時:平成29年11月16日(木曜日)13時30分から17時30分まで(13時受付開始)

    ・場所:長崎歴史文化博物館1階ホール(長崎市立山1丁目1-1)

    ・主催:長崎県、長崎歴史文化博物館、長崎大学多文化社会学部、長崎県日中親善協議会

     

    講演会の内容は以下のポスターまで(PDF, 2.22MB)

     

    ※基調講演講師が、泉州海外交通史博物館館長 丁毓玲氏から、泉州海外交通史博物館 策展交流部主任 王麗明氏に変更になりました。

     

    詳細及び申込方法はこちらをご参照ください。

     

    第30回東京国際映画祭「アジアの未来部門」の作品賞と国際交流基金アジアセンター特別賞をダブル受賞(多文化社会学部が協賛・制作協力の日緬合作映画 )

    2017/11/08 トピックストピックス

     

     第30回東京国際映画祭の授賞式が11月3日、東京・六本木で開催され、日本・ミャンマー共同制作映画『僕の帰る場所』(多文化社会学部協賛)が「アジアの未来部門」の最優秀作品に与えられる「作品賞」と、文化の違いを越えて国際的な活躍が期待される監督に贈られる「国際交流基金アジアセンター特別賞」を受賞しました。

     

     同映画祭「アジアの未来部門」は活気に満ちたアジア映画界の将来をリードする作品を紹介するコンペティッション企画です。日本人監督の映画が作品賞を受賞するのは同部門では初めてのこと。「作品賞」と「国際交流基金アジアセンター特別賞」のダブル受賞も初の快挙となります。

     

     

    映画『僕の帰る場所』監督 藤元明緒氏

     

    「今回、沢山の人にドキュメンタリーのようだという声を頂いたが、私の中ではドキュメンタリータッチでいこうという意識はなく、脚本を読んで同じ思いを持ち、共感する方々が出演することで、彼らの暮らしのありのままを見て頂けました。ただ物語を撮るだけではなく、シーンの前後も含めて撮影することで瑞々しい瞬間を切り取れたのではないかなと思っています。出演者が本心を言っている言葉を撮影することで今回の映画は完成しました」

     

     

    審査委員・映画監督 行定勲氏

     

    「未来を担う若い監督達の作品を見る刺激的な日々を過ごさせて頂きました。それぞれユニークなアイデアで描かれた作品が多く、個人的に楽しい時間を過ごさせていただきました。しかし、描かれるべきテーマは素晴らしいにもかかわらず、視点がぶれてしまい、詰め込みすぎて観る側に何を伝えたかったのかを見失った作品が多かったのが少し残念でした。アジアならではの漲る力、見たこともない突き抜けた圧倒されるような作品を、もっと見たかったという正直な思いが残ります。審査会は紛糾することなく、優れたある二つの作品の議論に終始しました。オリジナリティーのある記憶に残る映画、素晴らしい演技を我々に見せてくれた俳優達についてその二つの作品の力は拮抗していました。そ の議論の結果、私たちはアジアの未来を担う作品に作品賞とそれとは別にスペシャルメンションを設けました」

     

     

    審査委員・サンセバスチャン国際映画祭ディレクター・ジェネラル 

    ホセ=ルイス・レボルディノス氏

     

    「(この作品は)ある家族の物語を繊細に語ることで、世界中の様々な家族のメタファーとなっています。フィクションを用い、現実の困難さを素晴らしく芸術的に描き、大変優れた映画的な価値と演技を持つ作品です」

     

     

    特報映像

    URL: https://youtu.be/YH1YMpEjFjE

     

    華僑研究の国際学会を開催します(11月18日~19日)

    2017/11/01 トピックストピックス

     
    華僑研究の国際学会である「世界海外華人研究学会」が、11月18日(土)と19日(日)に、
    多文化社会学部の全面的な協力のもと、長崎大学文教キャンパスで開かれます。
     
    18日には長崎で生まれ育った華僑の方々による公開講演会も開催されます。
    ぜひお越しください。
     
    公開講演会
    日時:2017年11月18日(土) 9:00~12:40
    場所:文教スカイホール(グローバル教育・学生支援棟4階)
     
    詳細はこちらから(3MB, PDF)
     
    2017年度「世界海外華人研究学会」の詳細は

    猛暑の中、五島列島の窯跡の調査を行いました。

    2017/10/24 トピックストピックス

     

     

     多文化社会学部の野上ゼミでは、五島列島・福江島の窯跡調査を継続的に行っています。五島の窯跡はこれまで考古学的な調査が全く行われていませんでしたが、昨年、初めて田ノ江窯跡(五島市富江町)の測量調査を行いました。

     

     そして、今年も8月21日〜24日にかけて、猛暑の中、五島に出かけました。今年は多文化社会学部の6名の学生たちが、日韓の考古学研究者とともに、八本木窯跡の平板測量とレベル測量を行いました。携帯電話の電波も届かない山の中に分け入り、さながら探検隊のようでした。

     

     なお、昨年の報告は、『金沢大学考古学紀要』38号に掲載しています。

     

     

     

     

     

     参加者:新垣咲希・川畑容・山口友香・前川智英・長岡南実・弓場春佳(長崎大学多文化社会学部学生)、韓盛旭(民族文化遺産研究院)、中野雄二(波佐見町教委)、溝上隼弘(佐世保市教委)、野上建紀(長崎大学多文化社会学部)

     協力:五島市教育委員会富江支所、五島市富江町繁敷のみなさん

     

    ページトップへ

    • 日本語版パンフレット
    • 学生宿舎のご案内
    • 英語カフェのご案内
    • 学外試験場のご案内
    • 批判的・論理的思考力テスト(総合問題)出題例
    • 留学について
    • 卒業後の進路

    ページトップへ