学部・研究科からのお知らせ

    2021年度版多文化社会学部,大学院多文化社会学研究科のパンフレットを公開しました。

    2021/07/21 トピックス

    パンフレットは以下の表紙からご覧ください。

    多文化社会学部
    (デジタルパンフレット)
      大学院多文化社会学研究科 
      (PDF, 8MB)
    (PDF版 (10.5MB) はこちらをクリック)
     

    多文化社会学部が制作した海外学生向けオンライン講義動画が長崎新聞で紹介されました。

    2021/06/28 その他

     このたび、多文化社会学部が制作した海外学生に向けオンライン講義動画が2021年6月25日長崎新聞 朝刊『石だたみ』で紹介されました。

     

    長崎新聞様の記事はこちらからご覧いただけます。

     

     多文化社会学部は海外協定校の学生に向けたサマープログラムを実施しておりましたが、残念ながら2020年度から実施を見送っております。しかし、嬉しいことに本学部のサマープログラムに関心を寄せてくれているアジアや欧米の学生からの問い合わせが引き続きあることから、この動画は、そうした学生に向けて、オンラインで長崎からの学習機会を提供し、長崎に留学する意欲を高めてもらうことを目的として制作しました。

     

    江戸時代の長崎に「出島」の他にも外国人のために作られた人工の島があった!

    ちゃんぽん、ランタンフェスティバルなど、長崎文化のルーツに迫る!

     

    タイトル:【Cultural Anthropology】Nagasaki Chinese – Check it out! Localization and Recreation –

    邦  題:【長崎における文化人類学】ナガサキ・チャイニーズ ― 再発見!文化の地域化と融合

     

     

     

    ・動画の主言語は英語ですが、YouTubeの字幕機能をONにすることで、日本語の字幕が出てきます。

    ・この動画で、長崎の街と華僑の人々との歴史や長崎港開港の歴史の一部を学ぶことができます。また、英語の学習教材としても使用できます。

     

    【YouTubeにてライブ配信】POLEPOLE TALK CHODAI 2021  〜コロナ禍に知った、スラムで生き抜く力 〜 ケニア、ナイロビのキベラスラムから(6/23 18:30~)

    2021/06/18 トピックス

     多文化社会学部アフリカハウスでは、『POLEPOLE TALK CHODAI 2021 〜コロナ禍に知った、スラムで生き抜く力 〜 ケニア、ナイロビのキベラスラムから』を開催いたします。

     ナイロビ最大級のスラム・キベラで、学校運営支援を続けている早川千晶さんをお招きして、講演を行っていただきます。 早川さんは、孤児・ストリートチルドレン・貧困児童のための駆け込み寺「マゴソスクール」を設立し、スラムで暮らす子供たちのために活動されています。

     

     【日時】6月23日(水) 18:30~

     

    講演の様子はYouTubeにて配信予定です。下記の申請フォームからお申込みください。

     

    YouTube 配信の申請フォームはこちら

    多文化社会学部アフリカハウスのFacebookはこちら

     

    今までの英語カフェ特別セッション

    2021/06/03 トピックス

    2019年4月11日(木) ハイランド&アイランド大学パース校:英国(スコットランド)

     

    2018年10月11日(木) オレゴン大学:米国

     

    2018年7月25日(水) 長崎東高校英語クラブ

     

    2018年6月28日(木) 新リスボン大学:ポルトガル

     

    2018年5月25日(金) モラヴィアン・カレッジ:米国

     

    2018年5月24日(木) エラスムス・プラス特別講義:ポルトガル

     

    2018年5月7日(月) ニューファンドランドメモリアル大学:カナダ

     

    2018年4月20日(金) ミシガン州立大学:米国

     

    2018年4月10日(火) ハイランド&アイランド大学パース校:英国(スコットランド)

     

    2017年11月29日(水) モンス大学の交換留学生:ベルギー

     

    2017年11月9日(木) マンハイム大学の交換留学生:ドイツ

     

    2017年11月2日(木) フィリピン大学ディマリン校の交換留学生:フィリピン

     

     

     

    2017年7月31日(月) 多文化生と長崎東高校生が英語カフェで交流

     

     多文化社会学部では、本学部生の英語力向上のために、戦略職員であるコーチング・フェローが主催する英語カフェを学期中、毎日実施しています。今回、初めての試みとして、平成27年度よりスーパーグローバルハイスクール (SGH) の指定校となっている長崎東高等学校の英語クラブの学生を招待し、英語カフェ特別セッションを7月31日(月)に実施しました。

     

     今回の英語カフェには、英語クラブの生徒19名と本学部のサポート学生8名の総勢27名が参加しました。『長崎の観光地』と『和製英語』をテーマとした2つのセッションに参加し、楽しく会話を弾ませていました。『長崎の観光地』では、まず、観光地のカルタをした後で、長崎の観光スポットを紹介し、道案内を行うなどのロールプレーを行いました。『和製英語』では、ゲームを取り入れながら、日常的に使用しているカタカナ語の多くが英語で通じないことを理解した上で、なぜ通じないのか、実際の英語としては何を使えばよいかについてディスカッションを行いました。

     

     多文化社会学部では、今後も、長崎東高等学校をはじめとする地域の高校生との交流を継続し、英語カフェ等の本学部の取り組みを体験することを通して、英語学習や海外留学、異文化理解の重要性を考える機会を提供したいと考えています。

     

    『長崎の観光地』

    『和製英語』

     

     

    2017年5月23日(水) 英国アバディーン大学

    留学カフェに、英国アバディーン大学のジョセフ・ウィムスター(Joseph Whimster)氏をお迎えし、アバディーン大学の交換留学プログラムについてご説明いただきました。留学カフェに参加した学生から、長崎という土地の魅力や歴史について、アバディーンの学⽣へ向けて紹介しました。さらにウィムスター氏から、アバディーン大学での学びや学生生活の様子について紹介いただきました。

     

     

     

     

     

    2017年5月10日(水) 英国キール大学

    留学カフェに、英国キール大学のエリッサ・ウィリアム(Elissa William)氏をお迎えしました。ウィリアム氏からは、キール大学で開催する短期留学プログラム、交換留学プログラムについて説明して頂くとともに、異文化体験の重要性や、キール大学での学びや学生生活についても紹介いただきました。

     

     

     

    英語カフェでは不定期に外国人講師の方々をお招きし、英語で海外の国、大学や文化に関する講演をしていただいています。学生が海外の実情への認識を深める、貴重な機会になっています。

     

     

    2014年10月6日(月)

    独ザールラント大学のゲオルク・ボルゲス教授(Prof. Dr. Georg Borges)をお迎えし、ご講演いただきました。ドイツ及びザールラント大学についてご紹介いただいた後、私たちの生活にも身近な情報通信・オンライン取引に関する法制度について、EUの取組みや日本の法制度にも多大な影響を与えてきたドイツ民法の解説も交えた、講義をしていただきました。初めての英語による法学の講義でしたが、学生たちは質疑応答で理解を深めようと努め、中長期留学に向けてのよい刺激となりました。

     

    2014年7月11日(金)

    英国アバディーン大学副学長のセス・クーニン教授(Professor Seth Kunin)をお迎えし、ご講演いただきました。人類学者でいらっしゃるクーニン教授には、アバディーン大学のご紹介だけでなく、長崎と縁の深いテーマでもある、隠れキリシタンに関する研究についても、興味深いご講義をいただきました。英語で専門性の高い議論に触れ、討議を行うというチャレンジに学生たちは積極的に挑み、刺激的かつ実り多い特別セッションとなりました。

     

    2014年7月4日(金)

    元ベリーズ大学講師で、現在長崎大学工学研究科博士後期課程に在籍しておられる、サントス・ダニエル・チカス氏(Mr. Santos Daniel Chicas)に、ラテンアメリカについてのプレゼンテーションを行っていただきました。5月に母国ベリーズについてプレゼンをいただいた際には、緊張し、少し萎縮していた学生もいましたが、今回は意欲的に議論・質問を行う姿が教室のあちこちで見られ、学生たちの成長を実感できる活発な英語カフェとなりました。

     

    2014年6月27日(金)

    米国アーカンソー州駐日事務所代表のニール・ジャンセン氏(Mr. Neal Jansen)をお迎えし、アーカンソー州及び同州の大学について、ご講演をいただきました。

    WILL2LIVE難民映画上映会 I AM ROHINGYA を開催いたします!

    2021/03/10 トピックス

    長崎大学学生団体STARsが、ロヒンギャ難民を題材にした映画の上映会をオンラインで実施いたします。

    イベントでは、ゲストスピーカ―を招いた講演会のほか、難民問題に関するミニ企画を予定しております。

    ぜひこの機会に、「難民」について一緒に考えてみませんか?

     

     

    【日時】2021年4月25日(日) 12:50~17:00(途中入退室可)

     

    【場所】オンライン開催(日本在住のどなたでも参加できます)

        完全予約制となっております。(先着100名)

        チラシのQRコードから申し込み(4月18日〆切)をお願いいたします。

     

    【スケジュール】

     12:50~13:00 開会式

     13:00~14:30 映画上映

     14:30~14:45 休憩(ミニ企画)

     14:45~15:45 トークセッション

     15:45~16:00 閉会式・休憩

     16:00~17:00 アフタートーク(希望者のみ)

     

    多文化社会学部の岩本准教授が長崎新聞社「NR」に掲載されました!

    2020/11/09 トピックス

    長崎新聞社が毎月1回発行する情報誌「NR」に本学部の岩本准教授の研究が紹介されました!。
    13世紀から20世紀まで、現在の中東、北アフリカ、南東欧ヨーロッパを支配し、グローバルな文化交流の促進に貢献したオスマン朝の歴史を、古文書記録に登場する遊牧民に焦点をあてて研究しております。
    今回は研究内容や大学での様子を取材していただきました。

    2020年11月現在、多文化社会学部学務係の窓口にて「NR」を配布しておりますので、興味のある方はぜひお手に取っていただけますと幸いです。

    日本学術会議シンポジウム「Withコロナの時代に考える人間のちがいと差別 ~人類学からの提言~」で本学部増田准教授が講演されました。

    2020/10/27 トピックス

     日本学術会議シンポジウム「Withコロナの時代に考える人間のちがいと差別 ~人類学からの提言~」(2020年10月11日オンライン開催)で本学部増田准教授が講演されました。

     外部サイト(YouTube)でご覧になれます。

     

    【講演タイトル】健康希求行動が生み出す差別

     

     動画はこちら

     

     増田研准教授のプロフィールはこちら

    NHK「所さん!大変ですよ」に本学部の増田准教授が出演します(10月22日放送)

    2020/10/19 トピックス

     

    10月22日(木)19時30分からNHKの番組「所さん!大変ですよ」に、本学部増田研准教授が、”アフリカで日本製タイルを見つけた男”として出演します(リモート収録)。ザンジバルでのタイル発見の経緯などが紹介されますので、ぜひご覧ください。

     

    【放送日時】10月22日(木)19時30分~19時57分

     

    【番組名】「所さん!大変ですよ~あなたの知らないニッポンが見える~」

     

    【出演者】多文化社会学部 増田研准教授

     

     増田研准教授プロフィールはこちら

     

    「所さん!大変ですよ」の番組情報はこちら

     

    長崎大学公開講座『~事業主と労働者双方の皆さんと一緒に考えるハラスメント講座~パワーハラスメントの防止対策・認定・手続き』を開催

    2020/09/14 トピックス

     

    長崎大学公開講座の一つとして、『~事業主と労働者双方の皆さんと一緒に考えるハラスメント講座~パワーハラスメントの防止対策・認定・手続き』と題し、以下の通り講座を開催いたします。どうぞ奮ってご参加ください。

     

    【日 時】2020年11月28日(土)13:30~16:30

     

    【会 場】長崎大学文教キャンパス総合教育研究棟3階 多文化社会学部31講義室
        (長崎市文教町1-14)

     

    【講 師】多文化社会学部 河村有教准教授(法学研究者)

     

    【受講料】無料

     

    【申込期間】2020年10月1日(木)~11月20日(金)

     

    【申込先(メール)】北地区事務課(多文化社会学部)総務第一係 E-mail:hss_soumu●ml.nagasaki-u.ac.jp
    ※●を@に置き換えて送信してください

     

    詳細については長崎大学公開講座HPをご覧ください。

     

    2020年度版多文化社会学部,大学院多文化社会学研究科のパンフレットを公開しました。

    2020/08/06 トピックス

    パンフレットは以下の表紙からご覧ください。

     

     

    多文化社会学部
    (デジタルパンフレット)
    大学院多文化社会学研究科 (修士課程)
    (PDF, 5MB)
    (PDF版 (12MB) はこちらをクリック)
     

     


    UP
    • 本学教員による学問のミニ講義
    • 進学説明会
    • 長崎大学多文化社会学部・研究科 パンフレットダウンロード
    • 留学について
    • 「国際学寮ホルテンシア」について
    • 卒業後の進路
    • 英語カフェのご案内
    • ライティングセンター
    • YouTube チャンネル